(株)アビリティ・キューCSR室より

「『女性が多く活躍している職場です』と書いてあった。女性が多くても気にならないので応募したら、『女性だけの募集』だと断わられた。だったら『女性だけ』と書けばいいじゃないか!」
「『20代~30代の女性が活躍中』とは書いてあったが、資格で年齢制限はなかったので応募したら、『30代までしか募集していません』と断わられた!」

均等法が施行されてから「~活躍中」の表記が多くなった

「女性活躍中」「若い男性が活躍中」「40代以上の主婦活躍中」など、「~活躍中」の表記をよく見かけるようになりました。

この「~活躍中」の表記が使われるようになったのは、男女雇用機会均等法が施行されてからで、同法によって「男性歓迎」「女性歓迎」の表記が禁止になる一方、現状の職場環境を現す意味合いとしてなら、「男性活躍中」「女性活躍中」などの表記は違法ではないと厚労省に判断されたからです。

「女性活躍中」なのに「女性だけ」と断わられた

しかし現状は、「女性が欲しい」「男性が欲しい」という広告主が、「女性歓迎」「男性歓迎」と表記する代わりに、「女性活躍中」「男性活躍中」と表記するケースが多く見られ、上記のような苦情へと発展しています。

残念なことに、「~歓迎」の意図で表記された「~活躍中」は、一部の読者・ユーザーに広く浸透してしまっています。そのため、「性別について何も書いてないから応募したら、『女性だけ』と言われた。『女性歓迎』の会社は、『女性活躍中』と書いているんだから、ちゃんと『女性活躍中』と書けばいいじゃないか!」などの声を聞くこともあります。

年齢についても表記されるようになった「~活躍中」

改正雇用対策法(年齢制限禁止)が施行されてからは、「~活躍中」に年齢が加わるようになってしまいました。これも、現状の職場環境を現しているだけなら問題ありませんが、性別と同じように、年齢制限している広告主が、欲しい年齢を絞るために、「20代~30代の○○○活躍中」などと、表記してしまっていることがあるようです。

もっと大胆なケースになると、「小学生以下のお子さまがいる主婦が活躍しています」など、“結婚して就学前の小さな子どもがいる比較的若い女性”をターゲットにして、無理やりに「~活躍中」と表記している広告も見かけます。均等法と年齢制限に加えて、就職差別にも抵触する恐れのある内容には、本当に職場環境を現しているだけなのか?と疑問を感じざるを得ません。

「~活躍中」でも制限する目的なら違法行為

「~活躍中」は、あくまでも現状の職場環境を現す表現として認められています。性別や年齢で制限するために表記しているのであれば、均等法や改正雇用対策法に違反していることになります。よりよい人材を獲得するためには、性別や年齢など、能力に関係ないことへのこだわりを捨て、本人の適性をよくみた採用を心がけるようにしましょう。