画像が消費意欲をあおる

先月号の続き。Pinterestをご紹介していますが、Pinterestでは世界中の写真が共有されています。はじめて使ったユーザーは「世界にはこんなものがあるのか!」と、おそらく驚かれることでしょう。そして、見たこともないプロダクト(製品・商品)を見つけ、それに興味を持てば、おのずと「これ欲しい!」と購買意欲につながります。

Pinterestがもうかる、Pinterestでもうかる

もちろんPinterestの写真すべてが「売り物」の製品ではありません。風景・人物・建物・乗り物…と様々。そこでPinterestには「Gift」という項目があります。これは商品としてオンラインで販売されている写真のみ集められたページで、写真に価格も掲載しています。この写真をクリックすると、その商品の販売サイトへとつながります。ものによっては、直接「カート」へリンクするものも。こうして直感→購買を最短にすることで、商品の販促につなげています。Pinterest自体はそこからアフェリエイト収入を得て収益を上げていると言われてます(公式発表はしていません)。

海外サイトが多いため、日本ではまだ「買えない」か「輸入取引」となりますが、今後日本でも活用する企業も増えてくるでしょう。売り手としては、市場が「世界」。もしかしたら日本製品を世界に売り出す強力なツールになるかも知れませんね。

Pinterestはじめました(2)Pinterest  http://pinterest.com/

名目は「Gift」なので、贈り物を選んでください…という意味もあるようです。価格別のページがあるのも面白いですね。日本製品がどれくらい登場してくるか、それも今後の楽しみです。

IT・システムに関するお問い合わせは 0120-314-034 又はこちらのメールフォームより
あぱぱシステム管理部 担当/栃原(トチハラ)