こんにちは、アビリティ・キューの栃原です。さて、いよいよ今回は具体的な対策です。ネットを使った販促活動のベースをどう作っていくかについて考察していきます。

キーワードは“ファンに広告塔になってもらう”です。

何度も繰り返すように、まず本来業務の質を上げて、ファンを作る土台を作るということが必要で、それができている前提で話を進めていきましょう。
飲食店であれば、美味しい食べ物・飲み物・店の雰囲気など、ファンになってもらう要素はたくさんあります。そしてそれらの魅力を「広報」していかないといけませんが、ビラをまいたり、雑誌に広告を出すのは一方的ですしお金も労力もかかります。そこで、自分のお店を本当に好きな「ファン」に、その役割を手伝ってもらいましょう。

まずは起点となるホームページ

必要不可欠なのは、何といってもホームページです。いまの時代だいたいの店舗(企業)は持っているとおもいますが、万一整備が遅れている、またはページの作りが今ひとつ…という事があれば、しっかり作りこみをすることが必要です。
メニューやロケーションから、お店のこだわりや店長のメッセージなど、「そのお店を知りたい」と思ってもらった時に、必要な情報が揃っているかどうかチェックしましょう。
ぐるなびやホットペッパーのページが強いので、それらに依存されているお店もあるかと思いますが、もし独自に情報発信をしていくなら、やはりホームページが必要です。
最近ではFacebookページをホームページにするところもあるようですが、やはり独自のホームページを作り、仕様(デザインや雰囲気)を合わせて作るほうが、ブランディングの側面からも重要だと言えます。
また、できればホームページ内でブログなどの情報発信ができるようにすればベストです。ブログだけ別のブログサイトを利用するというケースもあるようですが、ブログを見てもらう度に、ユーザーがホームページから離脱するため、できればホームページに組み込むほうがよいでしょう。

SNSとの連携

口コミで重要となるのがSNSの存在です。いまでは色々なSNSがあるので、それらを上手に活用する必要があります。SNSについては、次号詳しく振れていきましょう。(つづく)

IT・システムに関するお問い合わせは 0120-314-034 又はこちらのメールフォームより
あぱぱシステム管理部 担当/栃原(トチハラ)