こんにちは、アビリティ・キューの栃原です。さて、前回までは「ファンに広告を手伝ってもらいましょう!」という提案をしました。今回はその「口コミ」の要である、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)について解説していきましょう。

まずは今押さえておきたい「Facebook」

SNSの概念…みたいな事を話すと難しいので、まずはFacebookについて触れてみます。Facebookは国内ユーザー1,300万人を超えるSNSです。
では、仕組みについて簡単に説明してみましょう。

たとえばA君がFacebookを始めるとします。まずA君は携帯やパソコンでFacebookに個人登録をします。登録すると、同じようにFacebookに登録しているお友達を探すことができます。仮にB君というお友達を発見したとしましょう。

A君はB君に対し「友達申請」を出します。その申請を受けたB君が「承認」することで、めでたく二人はFacebook上でも「友達」という関係になります。

「友達」になると、Facebookを通じて様々な交流ができるようになりますが、もっとも特徴的なものが「ウォール」です。

たとえば、A君が自分のFacebookで「今日こんなお店に行ったよ」と写真付きで投稿すると、友達であるB 君のFacebook上にも、「今日こんなお店に行ったよ」というA君の投稿が表示されます。

これは、これまで「会ってしか伝えられなかった」ことが、Facebook通じて様々な情報や体験を「共有」することができるということです。(つづく)

IT・システムに関するお問い合わせは 0120-314-034 又はこちらのメールフォームより
あぱぱシステム管理部 担当/栃原(トチハラ)