残暑も遠のき、秋到来。気候的にも働きやすい時期となりましたが、この時期は毎年「最低賃金改定」の季節でもあります。

今年、福岡県では「時間あたり701円」に改定され、10月13日(土)より施行されます。引き上げ額は6円となります。

2007年に663円だったものが、その後+12円→+5円→+12円→+3円、そして今回の+6円で701円となり、この5年で約5.7%アップしたことになります。

最近では「最低賃金が生活保護を下回る」という、いわゆる「逆転現象」がニュースとなり、引き上げ額が注目されていました。それも影響してか、中央の最低賃金審議会が7月に「7円」と答申した金額に上積みされ、2年ぶりに2桁増で全国平均は+12円となりました。

ただその中で、福岡は+6円と、全国的に低い水準にとどまりました。