求職者がモンスター化する(前編)
〜(株)アビリティ・キューCSR室より

「求人広告を見て応募し、面接に行った。面接の際、採否が決まったら連絡すると言っていたが、1週間経っても連絡がこない。私は、不採用になったのか?」(例1)
「派遣会社っていうのがいっぱい掲載されているが、広告に載っている金額からピンハネされるって言うけど、いくら位ピンハネされるのか?」(例2)
「求人広告を見て応募したが、『担当者は席を外している』と言っていた。本当に募集する気があるのか!募集する気がないなら掲載するな!!」(例3)
「求人広告を見て応募したが、不採用になった。紙切れ一枚寄こして!不採用なら、履歴書を返すのが普通だろ!入ってないぞ!!そっちから返すように言え!!!」(例4)

求職者にもモンスターは存在する

学校や病院などで、理不尽な要求を突き付ける『モンスター○○○』が話題になることがありますが、求人・求職という場面でも決して例外ではありません。無知、あるいは間違った認識とは言え、このような人々が真剣に職を探しているのは事実で、広告や法律上に問題がなくても、対応が適正で、かつ十分でない場合は、求職者をモンスター化させてしまうかもしれません。

求職者だからといって油断しないこと

モンスター化を防ぐには、求職者に対して、油断しないこと、隙を作らないことです。とは言え、難しく考える必要はありません。求職者のことを、『お客さま』や『大事な取引先』だと思って接すれば、自ずと適正な対応になるでしょう。
例1では、「採否の連絡は7日後以内」など、日にちを明確にするという工夫の余地が残されています。例2では、業界について知識がないことを前提に、誤解を与えないように親切・丁寧に説明することが大事です。例3では、担当者が席を外している場合の対応方法について、ルール化し社内で周知徹底する必要があるでしょう。例4では、広告上、あるいは面接の段階で、履歴書の返却は行わない旨を告知することでトラブルは避けられるでしょう。個人情報について過敏になっているという昨今では、不採用者には確実に返却することが望まれます。

適正な採用活動が一番の防衛策

無知、あるいは、間違った情報を信じている求職者は、就職活動に関する知識が乏しいだけで、仕事に対する知識や経験は豊富かもしれません。就職意欲が高いが故に、針が反対側に振れて、モンスター化してしまうのかしれません。無知か否かに関わらず、すべての求職者に対して、隙なく、適正に対応することによって、優秀な人材を逃してしまうという雇用機会の損失は防げるでしょう。