こんにちは、アビリティ・キューの栃原です。Facebookについて、前回は「いいね!」によって、発信した情報が多くの人に拡散していく仕組みについて説明しました。しかしあくまで、「個人」の情報発信。これを「企業」や「店舗」という単位で行うにはどうしたらいいでしょうか。

企業が活用する「Facebookページ」

Facebookの基本は、実際の友人や知人と「友達」になることからスタートし、友達どうしで情報を交換します。しかし、お店のPRなどを考えた場合、個人アカウントでは支障があります。個人のアカウントでは、直接情報を発信する相手が「友達」であるのに対し、企業や店舗が発信したい対象は不特定多数
であることが一般的です。
もし個人アカウントでお店の情報を不特定多数に発信するとした場合、仕事上の関係である「お客様」と友達になる必要があり、発信する情報も「お店の情報」と「プライベート」と混在してしまいます。
そこで登場するのが「Facebookページ」です。「Facebookページ」は、お店や企業・団体単位でのページを作ることができます。個人アカウントとは別に「お店のページ」を作ることで、お店としての情報を発信することができます。
もちろん、そこで「いいね!」をされれば、個人アカウントの時と同様、その友達にも情報は広がっていきます。 ( つづく)

IT・システムに関するお問い合わせは 0120-314-034 又はこちらのメールフォームより
あぱぱシステム管理部 担当/栃原(トチハラ)