2月19日、福岡県は平成25年度当初予算を編成し発表しました。

予算編成の基本的な考え方は「景気・経済・雇用対策」「防災・治安対策」が柱となっています。

特に、経済対策・雇用対策は気になる所です。国の緊急経済対策を活用し、公共事業については、補助・単独事業を合わせて345億円と昨年の18.8%増。中小企業に対しては、改善計画の策定を行った企業を対象とした融資枠を拡大。また「グリーンアジア国際戦略総合特区」関連でも設備投資への助成などが組み込まれています。

雇用対策では、(一定の条件下で)39歳以下の人材を継続雇用した企業への一時金の給付や、女性専用の就業相談窓口の創設といった女性の就業促進事業など、若年層や女性層に目を向けた政策となっています

参照…http://www.pref.fukuoka.lg.jp/f17/h25-tousyopoint.html