面接は適性をじっくりと見極める場
〜(株)アビリティ・キューCSR室より

「会社は自宅から近い所にあったが、勤務先の近くで面接するということで、ファミレスで面接を行うことになった。約束した時刻から1時間以上待っても担当者は現れなかった。会社に連絡したが誰も出なかったので、仕方なく帰った。その後も何の連絡もない。そんないい加減な会社は、二度と掲載しないで欲しい」
「『年齢不問』『経験不問』と書いてあったので応募した。面接は30分位待たされた。開始早々、履歴書の職歴を見るなり説教が始まって、『こんなんじゃダメだ』『どこに行っても採用されない』など人格を否定するようなことを言われた。そして、履歴書を投げつけるように返された。面接の時間はたったの5分。こんな面接が許されるのか?」

「選んでやっている」という驕りがトラブルのもと

上記のような面接に関する苦情や相談が多く寄せられています。採用権は広告主・事業主にありますが、応募者より優位な立場にあるわけではありません。「選んでやっている」「採用してやっている」という驕りが、面接をすっぽかしたり、人格を否定するような発言をしたりなどと、不適切な言動に表れてしまっているのではないでしょうか。

応募者も選んでいるということを忘れてはならない

面接は、広告主・事業主が選考・採用のために行っているものです。しかし同時に、応募者も広告主・事業主を選んでいるということを忘れてはいけません。広告主・事業主と応募者が対等であることは最低限の常識として、それ以上に、本人やその家族、知人などが、取引先やお客様である可能性は十二分にあり、応募者をお客様だと思って臨むに越したことはありません。応募者をお客様だと思えば、面接でどのような態度・対応がトラブルになるのか、自ずと答えが見つかるのではないでしょうか。

履歴書だけで判断するのは止めよう

面接はあくまでも、適性があるのかないかを判断するために、経験や能力などについてじっくりと確認する場です。苦情例にもあるように、履歴書に書かれた内容だけで、どういう人物か決め付けて、一方的に人格的を否定するような発言を繰り返すなどということは言語道断で、絶対にやってはいけません。

家庭環境は相談があってから応じよう

また、家庭環境、思想・宗教、国籍、出身地など仕事に関係のないことを質問することも、就職差別にもつながり禁じられています。特に、家庭環境や性格などに言及することは、応募者に心的傷害を与える危険性もあるので、注意が必要です。子どものことや結婚のこと、介護が必要な家族のことなど、気になるところは多くあると思いますが、広告主・事業主が提示する労働条件をきっちりと守れるか否かを確認することに終始した方がよいでしょう。応募者から、「子どもの保育園の送迎があるので…」とか、「親の介護の関係で…」などの相談があった場合には、相談に応じることに何ら問題はありません。