厚生年金支給の引き上げで60歳で定年退職すると無収入に2013年4月より、老齢基礎年金の支給開始年齢が64歳から65歳へ、また老齢厚生年金(報酬比例年金)の支給開始年齢が60歳から61歳に引き上げられました。基礎年金は2001年より3年毎に段階的に引き上げられてきましたが、今回厚生年金も引き上げられる事により、60歳で定年退職した場合、61歳まで「無収入」になる人が出てくることとなりました。

企業は(1)定年の引き上げ(2)定年の定めの廃止(3)継続雇用制度の導入、のいずれかが必要でしたが、このうち継続雇用制度の導入については、これまで64歳までとしていたものが、65歳までと引き上げられます。また、これまでは「労使協定により基準を定めた場合は、希望者全員を対象としない制度も可」という特別措置もありましたが、これも廃止され、65歳を下回る定年退職者を一律に取り扱わなければなりません。就業規則などの見直しも必要となりますので、ご注意ください。