長い不況から抜け出せない日本ですが、だからこそ今がチャンス!と起業する人が多いのも事実。社会保険労務士は雇用関係の助成金を案内し、事業計画書の作成や日本政策金融公庫などの低利融資を手助けする税理士とともに、開業当初一番苦労する資金繰りの支援をしています。
今回は福岡県ならではの助成金があるので、それをご紹介。「地域再生中小企業創業助成金」です。
この助成金は、福岡県内の食料品製造業、金属製品製造業、情報サービス業、洗濯・理容・美容・浴場業、その他の教育・学習支援業、社会保険・社会福祉・介護事業の6分野で、新たに中小企業事業者として創業し、雇用確保の機会の創出を図る事業主に、創業に要した経費や雇い入れに要した経費の一部を助成するものです。助成内容は、

  1. 法人等の設立・運営に要した費用の1/3(開業から半年間分、対象労働者が5人未満は上限300万円、5人以上は同500万円)、
  2. 雇い入れ奨励金が対象労働者1人あたり30万円、また、追加で雇い入れた場合や5人未満が5人以上になったときなどに追加支給があります。東京、愛知、大阪などの大都市圏からUターンして開業した方は、上限金額が上乗せされます。

支給要件は

  1. 法人等設立から6か月以内に地域再生事業計画を提出、認定を受ける。
  2. 認定を受けた事業を主たる事業として行っている。
  3. 雇用保険の適用事業所であること。
  4. 創業後1年以内に労働者(一般被保険者)を1人以上雇い入れ、当該労働者を6か月以上継続して雇用していること。
  5. 法人等の設立から支給申請までの間に、解雇など事業主都合で雇用保険被保険者を離職させていないこと。
  6. 全従業員の出勤状況及び賃金の支払い状況等を明らかにする書類(出勤簿、賃金台帳、労働者名簿等)を整備・保管していること。などです。

もちろん他にもさまざまな条件がありますので、該当しそうだと思われる方はお近くの社労士や福岡助成金センターにお尋ねください。

いのしし社会保険労務士事務所

所長 中村雅和(社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー)

中小企業の労務顧問を中心に、就業規則の作成、労働相談、助成金の申請代行などが主な業務。行政や大学での講演、業界紙などでの執筆も積極的におこなっている。所長へのお問い合わせは下記までどうぞ!

TEL/092-980-5448 FAX/092-944-5689
ホームページ:http://inoshishisyaroshi.com/