福岡の主婦向けの地元求人誌(フリーペーパー)。求人掲載のご依頼はアビリティ・キューへ。TEL:092-721-1911
インフォメーション
  • HOME »
  • インフォメーション »
  • インフォメーション

インフォメーション

【第24回】会社が従業員を解雇するとき4

従業員が会社のお金を横領した。会社の秘密を同業他社に漏らして会社に多大な損害を与えた。など、従業員が悪いことをしたときに行う解雇が「懲戒解雇」というのをお話ししたところです

【第23回】会社が従業員を解雇するとき3

野球賭博に関与した大相撲の力士と親方が、日本相撲協会を解雇されたのは記憶に新しいところ。

【第22回】会社が従業員を解雇するとき2

きちんと出社してまともに働いてくれれば文句はありませんが、遅刻はするは居眠りするはじゃあ、給料泥棒と言われても仕方がないですね。

【第21回】会社が従業員を解雇するとき

労使トラブルの大きなきっかけともなりうることから、慎重な対応が求められます。

【第20回】従業員のスキルアップに助成金?

日本の企業は、まだまだ終身雇用が前提となった法律に束縛されています。1年契約の従業員でもない限り、原則は「期間の定めのない雇用」

【第19回】1年に1度の面倒な手続き?

労働基準監督署から送られてきた労働保険の申告、いわゆる「年度更新」の手続きで、苦労していることでしょう。

【第18回】社長なのに労災加入?

中小企業の社長さん。自ら工場で作業したり、車で走りまわったりは当然のことでしょう。

【第17回】仕事と家庭の両立で業績アップ?

少子化の理由は様々ですが、一番大きな理由は「結婚しない」ことです。なぜ結婚しないのか、一番説得力があり、統計上も明らかなのは、「若年男性の収入が低く、今後も増える見込みがないから」です。

【第16回】メンタルヘルスは会社のリスク

社員が過労で自殺、遺族が会社を訴えて億単位の損害賠償が認められることも珍しくなくなってきました。

【第15回】労働基準監督署の調査

不況のおり、仕事があるだけでもありがたく、お得意先の注文をこなすために、社長も従業員も必死に働くわけです。納期に間に合わせるため、所定労働時間なんて守れません。そもそも労働基準法なんて法律、何をどう守ればいいのやら、とい …

« 1 57 58 59 60 »
PAGETOP